interview NO.2

保育士北川きたがわ 優茉ゆま先生

    入職年
    2016年
    出身校
    西南女学院大学短期大学部 保育科
    趣味・好きな食べ物
    音楽・ライブ鑑賞(back numberが好き!)、いちご・うどん・からあげ
  • おんがの保育園は私の母園だったこともあり、ここに就職するとこどもの頃から決めていました。特にこの園のバスが好きで、小さなころから「保育園の先生としてあのバスに乗ってみたい」と思っていました。なぜか他のバスにはあまり興味はなくて、この園の送迎バスだけ。「絶対おんがの保育園で先生になる」という夢を持ち、高校時代もボランティアでこの園に来ましたし、大学での実習先もここを選びました。
    実際入ってみて感じたギャップは、「送迎バスに保育士として乗るのは、思っていたより大変だな」というくらい(笑)。こどもたちがケガしないよう、当時の先生も気を配っていたんだなと気づきました。
    ずーっと長年お世話になってきた園だから、その他のギャップは全然ありません。いつでも先生たちにやさしく接してもらっています。

  • 今は2歳児クラスを担当しています。このころはできること、できないことの個人差が大きい年代です。また、言葉の理解力が発達途中のため、どう説明すると伝わるかが難しいなあと感じています。しかし、何度もていねいに伝えていく中で、昨日できなかったことが突然今日できるようになることも多いんです!ひとつひとつできることが増えるこどもたちの姿を見ると、いつもウルッときてしまいます。うまくいかなくて落ち込んでいるときも、こどもたちの言い間違いや、くるくる変わる表情、友だちと遊んだり喧嘩したり触れ合っている様子を見ていると、ほっとして癒やされます。

  • 福利厚生では、「キャリアアップ制度」が自分の成長に役立っていると感じます。園のサポートで外部の講習へ行き「乳児保育」「保護者支援」といった保育現場に役立つ勉強ができるため、初心に戻り自分の毎日の保育を見直すきっかけにもなっています。保育士として働いているからこそ、「あの時の○○ちゃんの行動だ」など、実際の経験と重なり、しっかり学べているように思います。
    それと、理事長が作っている米や野菜がもらえることもうれしい。「今日はナスがあるからね〜」と、カゴいっぱいに入れて置いてあって、職員が好きなだけ持って帰るのが、おんがの保育園の日常です(笑)。新鮮で、作った人が見える野菜や米を、無料で食べられるなんて、本当にありがたいです。

message

こどもも保育士も少人数なので、距離が近いのがおんがの保育園の特徴。担任に限らず、全部のこどもたちの名前と顔がすぐに一致します。だから、担任外のクラスでもしっかりこどもたちと触れ合えます。毎日こどもたちと楽しみながら、成長していく姿を見ることができる、やりがいのある職場です。こどもが好きな人であれば「幸せ」と感じる瞬間がたくさんあると思います。

other member

recruit navi

  • recruit TOP

  • interview

  • internship

  • information

  • entry